キャッシング用語

2

ここでは、「2」 に関する記事を紹介しています。
◎ スポンサードリンク




PCの増設やグラボの増設などの急な出費に
       ●ご融資どっとこむ株式会社        ●共済クレジット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2

パーソナルコンピュータ 概要

1960年代までのコンピュータは、きわめて大型で高額なものであり、当時は1台のコンピュータを複数人が共同で利用するのが一般的な形態であった。1970年代に入る頃には、高額かつ大型で専門家が操作するメインフレーム(汎用コンピュータなどとも呼ばれる)、事務計算用のオフィスコンピュータ(オフコン)(オフィコン)、研究用のミニコンピュータ(ミニコン)など各種のコンピュータに分化していたが、特別な場合でない限り、いずれも複数人が共同で利用した。

1970年代後半になって、個人で購入可能なくらいに小型で低額なコンピュータが登場した。このような製品を当初はマイクロコンピュータ(マイコン)などと呼んだが、外観・操作性が洗練されてきたものを、従来品との差別化を図るため、個人用途であることを強調した「パーソナル」を冠して呼ぶようになった。

特に個人のためのコンピュータという意味では、アラン・ケイが1972年のACM National Conferenceで発表した"A Personal Computer for Children of All Ages"にその言葉が見られる。ここで言うパーソナルコンピュータとはダイナブックのことである。

現在一般的には、入力機器としては、キーボード・マウス(ポインティングデバイス)など、出力機器としては、ディスプレイ・プリンタなどと組み合わせて利用する。

最近では、CPUを始めとするパソコンの各パーツの性能の向上が著しいため頻繁に新製品が登場している。


ソニーのVAIOのデスクトップパソコンと一緒に展示されているマウスだけがほし....
ソニーのパソコンの原産国が知りたくて問い合わせをすると
コミックスタジオ、フォトショを入れたいのですが、富士通のノートパソコンFMVNDF70Yとソニーの...
ソニーのパソコン バイオ 型番PCG-7U1N去年に電化製品店にて10万ほどで購入。代...
ソニーパソコン
738)中国企業による日本企業の買収
「ロールスロイスは故障いたしません」 巷で噂される企業の ...
ザ・シムズ3 通常版 (Amazon.co.jp 専売商品)
JOHN HIATT (ジョン・ハイアット) 「HAVE A LITTLE FAITH ...
パソコンの容量が!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://quality2007.blog84.fc2.com/tb.php/217-3240e7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:PC SEO対策:パソコン SEO対策:ゲーム SEO対策:自作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。